読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

這い上がる生き様がやけに沁みるプロレス研究書

プロレスと社会を繋ぎ奥深さを解説します!

2017年の新日本プロレスのユニット

■5つのユニット

今の新日本プロレスは、5つのユニットがある。

本隊、CHAOS、BULLET CLUB、ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン、鈴木軍の5つだ。

今年の1.5後楽園でオカダを襲撃し侵略しにやってきた鈴木軍。

内藤により新しいムーブメントを起こしたロスインゴ。

AJやアンダーソン離脱後、新リーダーとなったケニー率いるBULLET CLUB。

衝撃の中邑離脱後、後藤が加入し、IWGP絶対王者オカダ率いるCHAOS。

棚橋や柴田、真壁や今話題のタグチJAPAN、ユニットに属さない正統派の本隊。

 

この5つである。

ちなみに、個人的に注目しているのは、今年新日本に戻ってきた(侵略で)鈴木軍だ。

2月札幌で行われたIWGPヘビー級選手権試合オカダVS鈴木みのるの試合で、近年にない空気感や関節集中の攻防が見られた試合だった。

鈴木軍が、華やかで危険な攻防なスタイルになりつつある新日本に風穴を開けてくれることを期待している。

 

BULLET CLUBは、プリンスデビットらが始めた外国人チームである。日本人優位なこの新日本プロレスにおいて居場所をつくりチャンスをつかむためのCLUB。

しかし、AJスタイルズがリーダーになり、今ケニーオメガが率いる新たなBULLET CLUBは、ヒールというよりはもはや外国人人気ユニットだ。

もはやベビーとヒールの構造が壊れ、色の違うユニットが「どっちがすごいのか競い合う」闘いになっている。

 

■ユニットから見る、役割の多様化

ベニーやヒールという2つの枠にとらわれず、自分たちの考えややりたいことが団体においての役割であると思う。これは、社会においても同じことで、チームの時代を生き抜くために考え方や方向性の近い人と組むことが社会の活性化になるのではないか。

 

CHAOSとロスインゴについては、次回に書きます!

 

プロレスは、生き様である!

プロレスを見て

プロレスを見始めて7年くらい経ちます。

 

特に新日本プロレスにハマり30回以上も全国の会場で生観戦しています。

そんな中、プロレスから生き方を学び自分を投影しながら勇気をもらったり

自分の生き方に照らし合わせました。

 

プロレスとは生き様であると思います!

 

最初の試合

一番最初に見たタイトルマッチは、

f:id:strongstyle550:20170403170032p:plain

2010.5.3 福岡国際センター IWGPヘビー級選手権試合 中邑真輔VS真壁刀義

 

この試合は、中邑政権を積み上げているところに真壁が挑戦して、

見事悲願のIWGP初戴冠した感動の試合。

この時は、分からなかったが、真壁とはいわゆる雑草でなかなかベルトに手が届かなかった。一方、中邑は23歳でIWGPを初戴冠していわゆるエリートである。

この試合は、「エリートVS雑草」の構造!

両者ともに生き様がある。真壁が渾身のキングコングニードロップで勝利した。

さらにこの二人は因縁があり、G1とういリーグ戦の優勝決定戦で争ったり(2009年)

チェーンデスマッチで抗争したりと対立していた。だから真壁にとっても中邑から引きずり降ろしてIWGPを取ったことには意味があるのです。

 

プロレスの魅力

このようにプロレスは勝った方も負けた方にもファンは注目してスポットライトが当たる。その過程ストーリーが生き様なのであるのです!

 

ということでこれから新日本プロレスを中心にプロレスについて書いていきます。